ストーカー対策

ビル

もしかしたら、ストーカー・・・

必要以上に電話やメールを送ってきたり、一日の行動を詳しく聞
 く。

待ち伏せをしたり、後を追ってくる。また、毎日何回も無言電話を
 掛けてくる。

この様なこと、貴女は経験ありますか!?

 ×交際を断っても、執拗に付きまとわれる。(電話やメールが毎日送られてくる)

 ×ある日突然、見知らぬ男性に呼び止められた。(その後、偶然を装いよく出会う)

 ×自宅に帰ると必ず、電話が鳴る。(自宅の電話や携帯電話)

 ×元彼に、復縁を迫られたり、見張られたりする。(自殺をするなどと、おどされたりする)

ストーカーとは、「staik ストーク」と言う英語ですが、単語には、

①敵や獲物に忍び寄る。②待ち伏せする。③気づかれないように尾行する。

といった意味があります。

ストーカー規制法

ストーカー規制法が平成12年11月24日から施行されました。

この法律の対象になる行為には、次の8項目があります。

つきまとい、待ち伏せ、見張りをする。 無言電話、連続で電話やファックスを送りつける。
行動を監視していると告げる。 汚物や動物の死体などを送りつける。
義務のないことを要求する。 名誉を害することなどを告げる。
義務のないことを要求する。 性的な嫌がらせをする。


同じ相手に対してつきまとい等を繰り返して行うことをストーカー行為と呼びます。

規制法では、つきまとい等を禁止し、これに違反することがあった場合には被害者の申し出に応じて警告を発すること
ができます。警告にもかかわらず、行為が続く場合には、公安委員会がストーカー本人を呼び出して事情を聞き、
禁止命令を出すことができます。

さらに、禁止命令にもかかわらずストーカー行為が行われた場合には、被害者の告訴により一年以下の懲役また
は百万円以下の罰金が科せられます。
また、今までに無い対応が施行されています。

ストーカーの手口

ビル

それではストーカーたちは、いったい、どのようにして貴女を追いつ
めていくのだろうか!?

ストーカーが使う方法は、貴女との関係や状況によってさまざまで
すが、一般な手段として圧倒的に多いのは電話と手紙です。

繰り返される嫌がらせ電話や手紙!!

ほとんどの方々が、電話を利用した被害にあっています。中でも多いのが無言電話です。また、ストーカーが電話で嫌がらせをするのは、貴女だけとはかぎりません。

貴女の職場、職場の上司や同僚、取引先、親、兄弟姉妹、親戚、友達、知人、近隣の住人、また、配偶者や交際相
手、その家族や友人などです。


脅迫や嫌がらせで使われる言葉には、「会ってくれ・殺す・恨んでいる・自殺する」

また、誹謗中傷の言葉などです。

嫌がらせで意外に多いのは「金を返せ!」という内容です。ただ、ほとんどが実際の借金ではなく、交際中に自分が支払った食事代や買い物代などで、贈ったプレゼントや買った品物などの変換をしつこく迫ることもあります。

つきまといや待ち伏せ!!

つきまといや待ち伏せでもっとも多いのは、自宅や自宅周辺です。また、職場や学校とその周辺、通勤通学途上が多く、付近で見張っていて貴女の外出時に姿を見せるもの、出勤時間や帰宅時間に合わせて徘徊するもの、決った場所で監視を続けるものなど、状況によって場所も時間もさまざまです。

身体に向けられる暴力!?

ストーカーが暴力をふるうケースも多く見られます。

とくにDV型ストーカーでは、被害者が以前からひどい暴力を受けている場合もあり、暴力がさらにエスカーレートして死傷事件にいたるケースもあります。また、性行為を強要したりレイプしたりする場合も少なくありません。

多くは、待ち伏せや尾行されて、あるいは呼び出しを受けて殴られる。そのさい、口論からはじまって暴力に発展し、殴る蹴る、引きずり回す、突き飛ばす、首を絞めるなどの激しい暴行にいたるケースも多く、入院したり通院する場合もあります。

ストーカーの呼び出しの決まり文句は、「会ってくれればあきらめる」「最後に二人だけで話し合いたい」と言うのが多く、中には、「一度セックスをしてくれればやめてやる」「一度殴らせれば別れてやる」などがあります。このような言葉を信じて要求に応じても、ストーキングがエスカレートこそすれ終わることはありません。

ストーキング予防チェックリスト!!

被害を隠さない。(家族、隣人、友達、職場の上司や同僚に事情を説明しておく。)
ストーカーに受けた被害のすべてを記録する。(年月日、時間、詳しい内容など。)
目撃証人を確保する。(目撃者の氏名、住所、証拠品など。)
何かおきたときにはまず警察に相談する。(暴力や脅迫など。)
個人情報の記載された書類や領収書類はそのまま捨てない。(電話、カードなど。)
6. 緊急時の対応を考えておく。(携帯電話に警察の番号を入れておくなど。)
自宅で可能な防犯対策を講じる。(ドアスコープにビデオカメラを備え付けるなど。)
ストーカーを挑発したり反撃するなど、過激な行動に出ない。
深夜の外出や人気のない場所を避けて、できるだけ一人にならない。
10 一人で解決しようとしないで、周囲に理解と支援を求める。
11 マンションなど、エレベーターに乗るときは注意して周囲を気に掛ける。
12 一人暮らしで自宅の出入りをするときは、誰かいないか特に注意をする。
当社では、ストーカーから受けている嫌がらせや、脅迫などの確たる証拠収集や自宅周辺の警護、ボディーガード、相手との交渉などをお引き受けいたします。一人で悩まず、私共にご相談下さい。必ず、解決方法は見つかります。

お問い合わせは、フリーダイヤルで!!